戯言その3 オブリビオンは10年前の(技術で作られた)ゲーム?

 現在、環境構築に試行錯誤しています。modによる綺麗な世界を取るか、FPSを稼いでゲームの操作性を取るのかのトレードオフに悩まされています。

というのも、オブリビオンを遊ぶのに必要な最低限なスペックは
OS: Windows XP, 2000, XP 64-bit
メモリ: 512MB (推奨1GB)
CPU: Pentium 4 の 2Ghz 以上(推奨 3Ghz)または似たスペックのCPU
VGA: VRAM 128MB, DirectX 9.0対応のVGA(推奨 GF6800, X800以上)
DVD: 8倍速 DVD-ROM drive
HDD: 4.6 GB 以上の空き容量
S/B: DirectX 8.1 対応のサウンドボード
だそうです。あくまでも必要な最低限のスペックです。それでもメモリ512にVRAM128って・・

それに対して、私の現在のメインPC(7代目jobs)のスペックは
OS:Window 10
メモリ:16G
CPU: i7 3770
VGA RADEON R9 290 4G
SSD:480G 
と、すでに一、二世代前のマシンですが、これでもANSYSで無駄にメッシュを切りまくって解析をさせて遊ぶマシンで、SKYRIMでmodを沢山いれても、十分遊ぶことのできる中堅のスペックです。このマシンを使って、オブリビオンで環境を作るわけですからもうやりたい放題だと思っていました。

 そのためあまり気にせずに手当たり次第、modを入れていたのですが、マシンスペックが全然足りなくなってしまいました。
ScreenClip.png
 skyrim Perfomance moniterがoblivionで利用可能だったので、そのまま使ってみた結果です。ビデオメモリは3Gあれば十分なんですが・・・・GPUパワーが足りずFPSは20を切ってカクカクに・・・
続きを読む

戯言その2 ENB+OBLIVION reloadedはすごいけどね・・・(>_<)

 現在、ひたすら環境構築に励んでいます。ゲームの操作性が下がるのと綺麗な環境を作るのとのトレードオフに悩まされる日々です。

というのも、オブリビオンでは定番のテクスチャーを置き換えるQarl TP3 v1.3シリーズをさっそく導入してみましたが・・
SS59
 うーん。まあ綺麗だけど、所詮10年前のゲームですよね。まあこんなものか??うん、うん、よくがんばってるじゃん。と、完全に舐めていました。
続きを読む

彷徨記番外編 その3 どばきんちゃんを作ろう その3

無事、オブリビオンの世界にどばきんちゃんを作ることができました。
Oblivion 2016-11-22 00-10-47-073.jpg
さて、せっかくですので、どばきんちゃんはドラゴンボーンとしてオブリビオンの世界に送り込むことにしました。nexusmodで探してみると、ありました。シャウトのできるようになるmd\(^o^)/
Shouts of the Dovahkiinってmod。4つのシャウトが使えるようになるそうです。
続きを読む

彷徨記番外編 その2 どばきんちゃんを作ろう その2

 やっぱりスカイリムの髪形データをオブリビオンへ持っていくのはかなり難しそうです。
 
 諦めて、もう一度どばきんちゃんと似た髪形を再度さがしてると・・・・「ひねもすのたりのたりびおん」ってブログを運営している屁ぷしさんって人がオブリビオン用のハイクオリティな髪形を色々と作製されていました。発売されて10年もたつのに、未だに現役でですよ。特に成瀬ちゃんのボブヘアー、髪の毛を伸ばすことができるようになっていて、一目ぼれ。
 この人なら、スカイリムの髪形→オブリビオンの髪形へ変更など、赤子の手をひねるより簡単にやってしまうに違いありません。最悪、成瀬ちゃん ボフヘアーをオブリビオン彷徨記で使わしてもらう許可を貰えれば、それはそれで・・・

 さっそく、屁ぷしさんに教えを請おうと、コメントを記載すると、非常に気さくな方で、スカイリムの髪形→オブリビオンの髪形のやり方を紹介しているトライワットさんが運営されている電池パックってブログを教えてもらいました。

 トライワットさんのブログでは、SSも交えて非常に詳細に説明がされていました。さっそく挑戦してみると・・・
ScreenClip.png
 方法としては、オブリリボンで使われている髪形のnifファイルのフォーマットを拝借して調整していく、簡単かつ、確実な方法で、私でも簡単にできるはず!
続きを読む
最新コメント
楽天市場
  • ライブドアブログ
同人ダウンロードショップ DiGiket.com ">