T3nd0s Skyrim Redone通称Skyreと呼ばれている大型のオーバーオールmodです。

 かなり環境が大きく変わるため、ニューゲームでの導入をおすすめします。私は新しい「旅人」というスキルと、武器や防具を溶かしてインゴットが作れるにようになる点と、各スキルのPerkが細分化され、色々な能力をつけることができるのが気に入って導入に踏み切りました。

 Skyreの紹介をしている記事って結構少なくで、自分なりに苦労したことを書き始めたのが、実は今年の2月上旬でした。その後、ちょっとずつまとめては放ったらかしにしたり、他の記事に一部流用したりしていたのですが、今回やっとまとめてみました。ところでSkyreって何人ぐらいが使っているんでしょうか?

 導入方法は次回ぱーと2で紹介するとして、今回はSKYREを導入するメリット・デメリットとその感想について紹介します。もっともSKYREを導入する前の状態は2週間ぐらいしかプレイしてませんので、あんまり覚えていませんので、多少間違えていることもあると思います。

1)Skyreを導入するメリットは
  • 新たに旅人スキルが出来る
  • 各種スキルツリーが大幅に拡張
  • 武器や防具のジャンルごとの個性が出て、能力値はすべて変更される。
  • 装備品を溶鉱炉で溶かして再利用出来るようになる。
  • 爆発系のボルトや矢を作製することが可能に
  • 敵の強さの調整が行われる。
が挙げられるのではないでしょうか?Skyrimの世界をのんびり長く遊ぶためには是非導入をオススメします。

(1)旅人スキルが新たに増える
shot2ss20140829140113085s.jpg
 新たに導入される旅人スキル。焚き火が長く持つようになったり、動物が襲ってこなくなったり、寒さに強くなったり、移動速度が早くなったりするPerkがあります。必須ではないですが、あると冒険が便利になるPerkですし、flostfallとも対応しています。また、本来あったスリのスキルは無くなり、解錠のスキルと統合されます。
(2)各種スキルツリーが大幅に拡張
 Skyreではバニラに比べてスキルツリーが大幅に拡張されます。そのためレベルが上がることによりもらえるPerkの数が1つでは足りないので、3~5位を設定するのがいいと思われます。詳しくはぱーと2で
shot2ss20140829140153276s.jpg
 すべてのPerkツリーが拡張されます。付呪や鍛冶のPerkもバニラに比べかなり細かく設定されているのがわかると思います。

shot2ss20140829140145292s.jpg
 中でも重武器や軽武器はスキルツリーが細かくなりすぎて、コンプリートはほぼ不可能になってしまいます。片手剣や両手斧など普段使う武器をある程度決めてそのツリーを伸ばしていく感じになります。

(4)装備品を溶鉱炉で溶かして再利用出来るようになる
shot2ss20140829172737117s.jpg
 倒した敵の鎧を溶かしてインゴットして、大儲け\(^o^)/。ドーンブレーカーもインゴットにできるので、間違っても溶かさないように注意・・・modで導入した鎧や武器まで溶かすことができる場合もあり、なんでも溶かしてインゴットにできます。

(5)爆発系のボルトや矢を作製することが可能に
shot2ss20140829172554102s.jpg
 矢がささってから3秒後に爆発する時限爆弾も作製可能に\(^o^)/。その他に音がなる弓矢とか、色々とあります。あとreprocerとの関係もあり多くの武器、防具は英語のまま使ってます。

2)SKYREのデメリット
 このように色々と冒険が楽しくなるSKYREですが、やっぱり色々とデメリットもあります。

(1)Reproccerの存在
 かっこいい武器や防具modを見つけてもいきなり導入することが出来なくなります。導入後、Reproccerを掛けてください。くわしくはぱーと2で。mergeしたespの場合正しく値を示さないことがあります。

(2)装備は基本英語のまま
 modで導入する新しい武器や防具は日本語化せずに英語のままのほうが無難です。日本語化しているとReprocerをかけるた時にうまく認識されず間違った値になることがあります。

(3)旅人スキルの存在
 かなり面白いスキルですが、デフォルトの設定ではすぐにスキルレベルが上がっていきますので、ほっておくとどんどんレベルが上ってしまうことも。まったりプレイをする方はレベルの上がり方を調整したほうがいいかもしれません。詳しくはぱーと2で

(4)武器や防具のリサイクルのやり過ぎに注意
 多くの武器や防具を溶かして、インゴットにすることができるようになるため、簡単に市場経済が破壊します。また鍛冶スキルが一気に上昇したりしてしまいます。例えばアイアンバックルは、作るのにアイアンインゴットが1ついるのに、溶鉱炉で溶かすとアイアンインゴットが2つ出来てしまうので、アイアンインゴットをいくらでも増やすことの出来る等価交換を無視した感じになっているバグ?があったりしますので、やり過ぎには危険です。ロールプレイすることを頭の隅におき、溶かし過ぎに注意してください。

(5)espが多いこと
Skyreは下に示すように9つのespからなっています。
SkyRe_Main.esp(メイン。武器防具の再設定等)
SkyRe_Races.esp(各種種族の能力変更)
SkyRe_StandingStones.esp(??)
SkyRe_Survivalism.esp(frostfallに旅人スキルを加える)
SkyRe_EnemyAI.esp(敵のAIの調整)
SkyRe_EnemyScaling.esp(敵のレベルキャップを外す)
SkyRe_EncounterZones.esp(敵のレベル調整)
SkyRe_Combat.esp(戦闘の調整)
ReProccer.esp(武器の調整)
Skyreをフルで導入すると、9つのespを消費します。導入できるespファイルには制限がありますので、他のmodを導入する機会を失ってしまいます。

(6)防御力、攻撃力の値がふらつく
 武器や防具の値がばらつくことがあります。ほっておくと治ります。

(7)システム系modは導入する前に注意が必要
 Skyreは大型のオーバーホールmodですので、他のシステム変更系のmodと干渉することが十分考えられます。そのため他のシステム改良系のmodを導入する前に問題がないかどうかをチェックしておいたほうがいいです。
 
 思いつく限りのデメリットを上げてみましたが、この他にも問題はあると思います。Skyre自体が大型のオーバーホールmodですので、Skyreが原因だと分からずに問題を起こしてCTDを起こしていたりとかも十分考えられます。

3)Skyreを使ってみた感想について
 感想といって、右も左もわからないうちにSkyreを導入してしまったので、あまり大したことは言えないですが、個人的にはSkyreに満足しています。中でも旅人スキルが気に入っています。

 旅人スキルは他のスキルと違って、冒険をしていると勝手にどんどん上がっていくので、長くゲームをすればするほど上がっていきます。スキルが上がることにより、得られるPerkも、見つけることの出来る薪の数が増える(frostfallでの薪を探すコマンド)や、歩くスピードが上がる、寒さに強くなる、野生生物が襲ってこなくなるって感じの渋いPerkばかりです^^
 ただ私がのんびり冒険をしている旅日記ではこれらのスキルがかなりいい感じで使うことができます。

 Skyreでもう一つ気に入っているのが武器や鎧をインゴットなどに出来るリサイクルです。敵を倒して、武器や防具を持って変えて、溶鉱炉に入れて溶かしてインゴットに、そのインゴットを使って新たな防具を使って・・・あんまりやり過ぎると、ゲームバランスが簡単に壊れてしまいますので注意が必要です。

 各スキルのPerkツリーが大幅に改良されているのも、導入するきっかけになった一つです。新たなPerkも増えて、バニラになかった新しい技能やスキルを学ぶことができます。Perkの数が多く設定されていますので、レベルアップすること得られるPerkの数を増やしておいたほうがいいです。旅日記ではレベルが上がる度に得られるPerkの数を4つにしています。

 めんどくさいreproccerですが、やり方を覚えてしまえばルーチンワークですので、それほど気にはなりません。たまにエラーでreproccerで認識出来ないmodがありますが、espの読み込み順番を変えると大抵うまく行きます。Skyreでは武器や防具の特性がより効果的になるように再設計されているらしいのですが、バニラな状態をほとんどしていませんので、あんまり違いがわかりません(>_<)。ただレベルが上っても、装備がいい加減だと、一撃でぬっ殺されることもありますので、それなりにSSkyreの武器や防具の特性が出ているんだと思います。

 心配なことが一つあります。もう一年以上バージョンアップがされていないことです。もう安定していて開発しなくていいと考えることもできるのですが、他のmodはどんどんヴァージョンアップをしたり、新しいmodが開発されていく中、このままバージョンアップがされないと、いずれ忘れられて他のmodにも対応しなくなる可能性があります。

 このようにゲームバラスを大きく変更するSkyreはメリット・デメリットがあり万人に進めることができるわけでもないですが、それなりに面白い味付けになると思いますので、導入するのもありだと思います。

それでは次回は導入方法についてです。