shot2ss20140119221341870s.jpg 
 今回、skyrimは初プレイですすこしプレイをしただけです。本来ならバニラ状態でプレイすべきですが、modを多数入れています。しかもプレイをする前に環境設定だけで1ヶ月ぐらい遊んでいます。そのためゲーム内容は最初の方しか全く知りませんが、modについてはかなり詳しい耳年増な状態です。
 入っているmodはお約束の物から、アダルトな物まで大小合わせて350個450個ぐらい試し、その内200個230個ぐらいを常用しています。その結果、FPSは30前後30以下、よくCTDするような状態ですが、気にせずにゲーム中もどんどんmodを追加、削除していってますゲーム中も少しぐらいならmodを追加していきます。そのため最悪ゲームクリア?ができないような状況に陥ることも考えられます。またスクリーンショットの画像が変わっていきますが気にしないでください。
 またリアリティを上げるため、イマージョン系のmodは沢山入っていますが、ファストトラベルを禁止するほどストイックではありません。あくまでも流れ重視で、薪割りを一日するぐらいならコンソールでplayer.additem 0000000F 5000と打ち、いきなり家を買っちゃたりする感じです(実際にはしませんよ)。

 さらにゲームを再開するにあたって以下の脳内ルール10か条を新たに作っています。
ルールその1 今までのプレイは忘れる。
 今回のプレイ日記の前のプレイ日記「ちびアイシャスの冒険 貧乳は正義(仮)」では、冒険日記を5日まで公開していますが、実際には50日以上冒険を進めて記録を取っていましたので、いまさら新規ゲームをしてもいくつかのクエストは覚えており、効率を求めてしまいます。ってことで、軽く頭を叩いてこれまでのプレイ内容を忘れ、また新しい気持ちでプレイしたいと思います。

ルールその2 追加するmodの制限
 Mod Organizerで管理しているので、modの追加、削除がかなりお気楽です。そのため前回のプレイでは調子にのって、どんどん追加してしまいゲーム開始時で入れていないmodも含めると312個だったmodが、56日目では430個にまで増えていました(普段常用しているのはあくまでも250個ぐらいです)。プレイ環境が変わってしまい、脳内設定もおかしくなってきました。ゲームプレイ中modの追加更新はほどほどにしておきます。

ルールその3 死体からの追いはぎ行為の制限。
 死体から追い剥ぎ好意は基本禁止。持って行くとしてもアイテムは2つまで:但しドラゴン等は例外。帝国兵やストームクローク兵、サイモールの人、商人とかは、結構たくさん物を持っていますが、SKYREを導入しているため装備をインゴット化することができますので、気をつけないとゲームバランスが一気に崩れてしまいます。敵対したとはいえ亡くなられた方の尊厳を守りましょう。

ルールその4 物の持ち歩き過ぎの禁止。
 鞄追加modを入れたので腰とかにも鞄をつけ、デフォルトで300ぐらいしか持てないのに、鞄を駆使して850ぐらいもって歩けるようになってました。その結果、武器を20個、鎧を10個、盾を5個とか持って歩いていました。やっぱり、必要最小限のものだけ、持って行きましょう。

ルールその5 アイテムの置き過ぎの禁止
 家を買ってから、アイテムを大量に置くようになりました。冒険者ですので、そんなに物を持ってはいけません。いつでも引っ越せるぐらいの荷物にしましょう。なによりCTD対策になりますしね。

ルールその6 レベル、各種スキル、特に鍛冶スキルでの上昇を押さえる。
 鍛冶屋さんで鎧を溶かしたりできるようになってから、スキルが上がりすぎる結果に。鍛冶技術は匠の技です。そんなに簡単に上がってはいけません。各種スキルの成長速度は8掛け、特に鍛冶と旅人のスキル上昇は元の半分に、スキル上昇により得られる経験値も7がけに、特に鍛冶と旅人は元の3分の1にしています。

ルールその7 一回死ぬごとにタリスの神に所持金の10%をささげる。
 CTD対策に5分に一回のオートセーブ、所々でクイックセーブをしていましたが、そのおかげで死ぬのに抵抗がなくなってしまいました。ひとまず突入してみるとか、緊張感ゼロになってしまったので、デスペナをつけます。ひとまず仮に死んだときの所持金の10%に20%にしてみましたが、状況によってもう少し増やすと思います。
思ったより面倒なので中止

ルールその8 フォロワーをあまり連れまわさない。
 街中でもフォロワーが2,3人付きまとっていて、ほとんどドラゴンクエスト状態です。町の買い物ぐらい一人で行きましょう。フォロワーの皆さんは、別れてもまた仲間になってくれる優しい人たちばかりです(たぶん)。フォロワーたちの日常も重要です。勝手に脳内ストーリーを作って、別れや再開を楽しみましょう。

ルールその9 長距離ファストトラベルは原則禁止。
 ファストトラベルはできるだけ使わないように。使うときもホワイトランからリフテンまで一気に移動とかではなくて、何回かにわけてちょっとずつ移動しましょう。ファストトラベルは禁止です。急ぐときは馬に乗りましょう

ルールその10 長距離スプリントは禁止。
 そんなに急いではいけません。特に馬に乗ってのスプリントすると、ファストトラベルよりも早く1日でドーンガード砦から、セレーナさんのお家まで行けてしまいます。スカイリムの世界は実際にはもっと広いはずです。のんびり歩きましょう。

ルールその11 複数のクエストを掛け持ってやらない(第2部より)
 スカイリムでは実にさまざまなクエストが平行しておこります。複数のクエを同時に進めついでに近くの洞窟や砦を攻略するなどしたほうが効率が良く、ゲームをすすめることができます。 しかし第一部を読み直してみると、読んでいる方としては、急に別のクエストのために、隣の洞窟にいったりするので、話がよくわからなくなっている箇所が多くみられました。そのため第二部からは、できるだけ旅の目的はひとつに絞って、クエストを一つづつクリアしていくようなスタイルに変更します。
 大量のクエストに追われて話が進まないので、掛け持ちは可にしました。

 最後に多くのmod作者、日本語訳者の方、skyrimの情報を発信しているweb,blogを作成されている方々に感謝します。すばらしい数々のmodと日本語訳、多くの情報発信のお陰でskyrimの世界を簡単に楽しく過ごすことができています。そしてこんなプレイ日記を見に来てくれる方に感謝します。アクセス数がブログ更新の励みなります。