本日の行程(中編):ヘルゲンで処刑される寸前にドラゴンが町を襲撃し、大パニック
スライド2.JPG
 いよいよ私が首をはねられる時間です・・
shot2ss20140119223024791.jpg
 腕を縛られて動けないのでどうしようもありません。女隊長に蹴られるのが嫌なので、自分から首を差し出して・・・・・

shot2ss20140119223033327.jpg
 覚悟を決めたまさにその時、突然ドラゴンが町を襲撃してきました。

shot2ss20140119223057655.jpg
 あっという間に町は火の海に・・・・もう何がなんだか訳が分からないでが、チャンスです。

shot2ss20140119223152663.jpg
 一緒に馬車に乗せられていたレイロフさんの掛け声でひとまず近くの塔に逃げ込むことにしました。

shot2ss20140119223208847.jpg
 塔の中にはウルフリックさんがちゃっかり逃げていました。さすがストームクロークの指導者です。まずは生き残ることが重要ですよね。でもドラゴン襲来はウルフリックさんがやったのではないらしいです・・・・いったいどこからやってきたのかしら??
 
shot2ss20140119223321198.jpg
 逃げ込んだ塔もすぐにドラゴンによって壊され、レイロフさんに言われるままに塔を脱出しました。ドラゴンは敵味方関係なく、街を破壊していきます。いったいどこに逃げたらいいの??

shot2ss20140119223328454.jpg
 ヘルゲンの町はドラゴンの襲撃で大混乱している中、今度は帝国軍のハドバルさんが助けに来てくれました。ひとまずどこに逃げたらいいのか解りませんので、バドバルさんの後についていくことにしました。

shot2ss20140119223703365.jpg
 町の中では勇敢にもドラゴンに挑んでいる帝国軍の兵士達が・・・・・・・でも、どんどん殺されていく(>_<) あなたたちの犠牲は忘れませんよ。

shot2ss20140119223733220.jpg
 逃げていると帝国軍のバドバルさんとストームクロークのレイロフさんが鉢合わせ。どうやら2人は顔なじみのようです。2人から一緒に逃げるように呼ばれましたが、当然レイロフさんのほうについて行くことにしました。バドバルさんのご恩は忘れませんが、処刑をしようとしていた帝国側にこれ以上ついて行くのは、ちょっと無理っす。

shot2ss20140119223904328.jpg
 レイロフさんと一緒に砦に逃げ込み、縄を解いて貰いました。するとレイロフさんから同じストームクロークのガンジャールさんの遺体から装備を奪うようにいわれて・・・この人も容赦ないな。

shot2ss20140119224009331.jpg
 着替えるときはちゃんと向こうを向いてくれるジェントルなレイロフさん。腰のベルトを締めて装備を調えるといい感じでストームクロークの装備もフィットしています。出口を探していると先ほど殺すリストに入れた帝国軍の女隊長が襲ってきたのでレイロフさんと一緒に血祭りに。

shot2ss20140119224506313.jpg
 砦の中をどんどん進むレイロフの後をついていくと、拷問部屋とかまで完備されていて、ストームクロークさんの遺体が・・・・・南無・・・・出口を探しながらも適当にアイテムを拝借していきました。まあもう少しで殺される所だったしこれぐらいは慰藉料として頂いてもいいですよね?

shot2ss20140119224647377.jpg
 砦の中をさまよっていたはずが、いつのまにか洞窟になっていました。レイロフさんも脱出路は解らないようですが、私より土地勘があるはずですので、ついて行く事にしました。

shot2ss20140119225105415.jpg
 途中にいる蜘蛛さんとかをしばきながらどんどん奥へ・・・本当にこっちに出口があるのかな??

shot2ss20140119225453107.jpg
 レイロフさんと2人で洞窟の奥にどんどん進んで出口を見つけました。やっとこれで自由の身です。 
 長い一日にないそうですので、続きは後編で。