旅日記 番外編 その4 それぞれの首長の思惑について(旅日記46日目までの各首長の思惑)

 旅日記46日目(降霜の月1日)で、一旦冒険の区切りをつけましたので、これまでのまとめその2です。スカイリムの世界観については、その3で紹介しましたので、今回は各首長の思惑と今後の展開について、私なりにまとめて見ました。

 まだゲームを初めたばかりですので、多少?間違えているところもあるかもしれませんが、ご了承ください。またmodを色々入れているため、バニラなスカイリムとは多少環境が異なっているかもしれません。

スカイリムってだいたいこんな話です。
 スカイリム地方で地元密着型の地方銀行として多くのノルドに愛されているタロス信用金庫であったが、系列の親銀行である帝国銀行からの過度なノルマ要求に対して我慢できなくなったウインドヘルム支店長のウルフリックがついに系列銀行からの脱却を宣言した。
Skyrim-map-hds.jpg
 タロス信用金庫ソリチュード本店を中心とする会長派と、ウインドヘルム支店を中心とするウルフリック専務理事との勢力争いの様子

 以下、ネタバレな項目がありますので、まだ解いていない人は見ないほうがいいです。それでは、これまでに出てきている各支店長と会長についての私なりのまとめです。
タロス信用金庫 会長 (まだ詳細は不明)
shot2ss20140211013910746s.jpg
 帝国銀行からの天下りであり、詳細は謎に包まれているが、これまでの展開から予想すると元帝国銀行副頭取のテリウス将軍が会長だというのは間違いない。

帝国銀行のスカイリム事業部 事業部長 エリシフ (まだ登場していない)
兼務          タロス信用金庫      理事
(現 タロス信用金庫 理事長 ただし理事会で未承認)
shot2ss20140211013910746s.jpg
 スカイリムの首都ソリチュードにタムリエル3大メガバンクの一つである帝国銀行のスカイリム事業部事業部長として赴任しており、現在タロス信用金庫理事長を兼務してる。タロス信用金庫の前トルグ理事長が、ウルフリック専務理事からの度重なる過度な提案や無理な要求で精神的に病んでしまい自殺してしまったため、急遽、妻で帝国銀行のスカイリム事業部事業部長でありタロス信用金理事を兼務していたエリシフが、帝国銀行の後押しで取締役会を開かずにタロス信用金庫理事長に就任した。

タロス信用金庫 専務理事 ウインドヘルム支店長  ウルフリック・ストームクローク
(自称 タロス信用金庫 理事長)
shot2ss20140210164336413s.jpg
 海外勤務から帰ってきたタロス信用金庫叩き上げの営業マン。海外での実績を買われ、専務理事に就任。タロス信用金庫りの悲願であった帝国銀行からの独立を目指し、大改革に乗り出す。トルグ理事長を自殺に追い込むと自ら理事長を名乗り帝国軍校からの系列脱却を宣言した。現在、帝国銀行からの天下りである会長派と全面衝突中。

タロス信用金庫 常務理事  ホワイトラン支店長 バルグルーフ
shot2ss20140122191128772s.jpg
 ホワイトラン支店は地理的にもスカイリムの中心にあるため、タロス信用金庫の中でも一番取引額が大きく、本店につぐ規模を誇る。支店長のバルグルーフはウインドヘルム支店長ウルフリックと同期である。会長派につくかそれとも専務派につくかでタロス信用金庫の今後はきまると思われる。ただ本人は派閥抗争には興味なく、ホワイトランの街を豊かにすることが唯一の願いである。

タロス信用金庫 理事 ファルクリース支店長 シドゲイル
兼務     帝国銀行ファルクリース支店長
shot2ss20140128001825639s.jpg
 タロス信用金庫ファルクリース支店長であったデンジェール氏は老人性痴呆症のため引退。その後、デンジェール氏の甥で帝国銀行ファルクリース支店の支店長であったシドゲイル氏がタロス信用金庫ファルクリース支店長を兼務。さらに帝国銀行の後立でタロス信用金庫理事に就任したこともあり、帝国銀行のイエスマンと化している。

タロス信用金庫 理事 モーサル出張所 所長 イドロッド・レイブンクローン
shot2ss20140131171549028s.jpg
 女だてらに若くして多くの実績を上げ、本部長まで上り詰めたが多くの敵も作ってしまい、派閥抗争に巻き込まれ田舎町に左遷された元エリート。一見、隠居を決め込んだような振る舞いをしているが、実は再起を図るため、勝ち馬に乗ろうと様子を伺っている。若い時にウインドヘルム支店長ウルフリックとプライベートで色々とあったらしい。

 まだ出てきていませんが、残りの4人の理事がどっちにつくかが非常に気になる展開です。またウインドヘルム支店長ウルフリックがテリウス会長の隠し子であると仮定すると、街の人の会話の内容がすべてつながります。すなわちスカイリムは、信用金庫を舞台に血なまぐさい人間関係を表現したかったのではなく、現在社会の親子関係のあり方を問うゲームであることが分かります。

 そして失っていた記憶が戻り実は帝国銀行からタロス信用金庫に送り込まれた監査役であった主人公が信用金庫内の不正とどのように立ち向かうのかで今後「株主総会の前」,「創業者の一声」,「会長特権」,「逮捕者」等のメインクエストがどう変化していくかが楽しみです。

 えっと・・・・これまでのブログを読み返して見ましたが、たしかこんな感じの展開だったと思います。たぶん。何度も言いますが、modを色々入れているため、バニラなスカイリムとは多少異なっているところがあります。

 いやー、これ作っていて楽しかったです\(^o^)/。すこしでもニヤっとしたら、私の勝ちということで・・・・