旅日記の第二部「実録・広域指定暴力団 同胞団(仮)」の舞台は同胞団ですが、メンバーが多くて解りづらいので、どばきんちゃんにわかるようにまとめてみました。
まだゲームを初めたばかりですので、多少?間違えているところもあるかもしれませんが、ご了承ください。またmodを色々入れているため、バニラなスカイリムとは多少環境が異なっているかもしれません。

同胞団
兵庫県神戸市に本部を置くホワイトラン-ジョルバスクルに本部を置く暴力団でスカイリム最大の広域指定暴力団。その構成員数は第四紀201年の時点で約12人、準構成員数は約2人の合計約14人であり、その人数はスカイリム全暴力団構成員・準構成員数約85,200人のうちの46.3%を占めている。組員は同年の時点で1名の組長(親分)、1名の舎弟(弟分)、9名の若中(子分)、1名の客分から成る計14人。組長を除き、これら13名の舎弟と若中は直参(直系組長)と呼ばる。初代組長イスグラモル・次郎長の武器を意匠とした“ウースラド”(う~すらど)と呼ばれる斧の形をした代紋を用い、ハイフロスガーとリフテンを除く45の都道府県に系列組織を置いている。
shot2ss20140209223809913s.jpg
兵庫県神戸市の一等地にある同胞団本部ジョルバスクル

同胞団の始まり
 初代組長イスグラモル・次郎長が沖仲仕を集めてアトモーラを本拠にノルドを中心とした思想結社同胞団を結成。メレシック時代の後期、アトモーラから渡航しスカイリムの北岸に上陸したイスグラモル・次郎長ら一行は、付近にサールザルという都市を建設し新たなショバとした。しかし先住のエルフ組との関係が悪化し、「涙のキッス」と呼ばれる大抗争に発展。彼と二人の子分(ユンゴルとユルガー) 以外の全員の玉を取られてしまう。その後、再びアトモーラから500の若い衆を率いて舞い戻り、宿敵エルフ組を打ち倒してスカイリムへ縄張りを拡大したのが始まりである。

200px-Shimizu_Jirocho.jpg
同胞団 初代組長 イスグラモル・次郎長

 9つのホールドと呼ばれる行政区画からなりそれぞれに首長により自治が認められているスカイリムにおいて、同胞団はその行政区画を無視し、他の区画にも構成員を自由に送り込み、みかじめ料、スクゥーマ-の闇取引を主な資金源としている極めて悪質な非合法暴力組織である。組織に反目する山賊等には容赦のなく、抗争を繰り返し、シマを拡大してきた。組長のコドラク以下15名程度の構成員をはみな戦闘力が高く、武闘派ヤクザとして幅を効かせており、ホワイトラン当局も手を出せずにいる。現在、狂信的思想団体 「銀の手」と抗争中

同胞団第125代組長 コドラク・ホワイトメイン(オヤジ)
shot2ss20140127213825083s.jpg
 5千年以上の歴史を持つ同胞団を現在率いている同胞団の代表。初代組長のイスグラモル・長次郎の意思を継ぎ、同胞団によるスカイリムの闇の支配を目指す。近年、老いのせいかやや守りに入り、思想結社銀の手との抗争も手打ちにしようと裏で交渉を進めていたが、若頭の玉を取られたことにより逆上。一般市民をも巻き込み死傷者を300人以上出す「血の栄誉」戦争のきっかけとなった。

同胞団幹部: 若頭 スコール(カシラ)
shot2ss20140127213549893s.jpg
 若中を束ねる頭。バリバリの武闘派。抗争の時は、自らが先頭に立ってカチコミを行うこともしばしば。思想結社銀の手との抗争を手打ちに進めようとするオヤジとの間に亀裂が入っていた。思想結社銀の手のギャロウズ・ロック事務所へのカチコミの情報が事前に敵に知られており、逆に玉を取られてしまう。これにより思想結社銀の手とは抗戦を止める手段はなくなくなった。

舎弟 相談役 ヴィグナー・グレイ・メーン (オジキ)
shot2ss20140209223852049s.jpg
 グレイメーン家当主。オヤジとは五分の兄弟盃を交わしている。元帝国軍で30年近く司令官をやっていた戦争のプロ。引退後、傭兵として世界を渡り歩く。コドラク組長からはその経験を買われ舎弟になる。他の組との抗争の時はその経験を活かし、また普段はグレイメーン家の政治力を利用し同胞団を影から支えている。

客分 エオルンド・グレイ・メーン
shot2ss20140209223613754s.jpg
 オジキの実の子。違法な武器を扱っている死の商人。同胞団にはスカイフォージ製のドスやチャカからAK-47, RPG(ゲームじゃなくてブラックホークを落とした方)まで各種武器を卸している。「金さえ出すなら、白銀の塔だって引っ張ってきてやる」が信条。商売敵の戦乙女店主エイドリアン・アヴェニッチの暗殺に関わっているのではないかと、ホワイトラン司法当局から目をつけられている。

同胞団幹部:若頭補佐 ヴァルカス
shot2ss20140127221809585s.jpg
 同胞団の懐刀。同胞団が行った各種陰謀はほとんど彼の手に寄るものである。普段は筋肉バカ集団を抑えるのに苦労している。双子の賢い弟のほう。どこの組織にでもいるちょと頭の切れる嫌なやつ。若頭が銀の手に玉を取られたことで、同胞団No.2となり、実質的な組運営のすべてを行うことになった。これ以上は言うまでもなく・・・・・

同胞団幹部:ファルカス
9450874f.jpg
 武闘派同胞団の中でも随一の武闘派。双子の筋肉バカ兄のほう。難しいことはすべて弟に任せている。目の周りのクマから分かるように、かなりのスクゥーマ-中毒患者(整形により二枚目に)。とにかくプロテインとスクゥーマ-さえ飲んでいれば幸せなバカ。

同胞団幹部 アエラ 
shot2ss20140127222201232s.jpg
 狩猟の女神と自称して派手な化粧が大好きなちょっといっちゃっているアネさん。自意識過剰で、なにかと口を出してくる。でも下の者の面倒見はよく慕われている。女を捨てているが、密かに恋心を持つ頭の前では女性的な一面も見せる。頭が殺されたことに逆上し、単身殴り込みをかける。

若中 アシス
shot2ss20140209223926049s.jpg
 エルフのくせにエルフに恨みを持つ筋肉バカ集団にはいって幸せを感じているバカ。人種的にも戦士には向いていないが、あえてその貧弱な筋肉を見せつけるような鎧を着ている。ノルドに対して劣等感を抱いている。

若中 ンジャダ・ストーンアーム
shot2ss20140127213315577s.jpg
 なにかと新人のどばきんちゃんにライバル意識を持つ女筋肉バカ。肩が当たる当たらないで喧嘩をふっかけてくるスケバン上がりのチンピラ。本人は隠しているが、顔の傷は幼い時に交通事故にあった時にできた傷で戦傷でもなんでもない。

若中 トーバー 
shot2ss20140127213525820s.jpg
 一見、借金を返すために同胞団に入った典型的な暴走族上がりのチンピラにみえる。しかしソリチュード一帯で幅をきかせていた暴走族関東旧馬会の初代総長であり、今なお彼が一声かけるとスカイリム全土から旧馬会のメンバーが集まる。金のために同胞団の裏の仕事も平然と行う。

若中 リア
shot2ss20140209224614524s.jpg
 同胞団にあこがれていたただの田舎娘。同胞団に入ることが人生の目的だったので、もう東大に合格したあと、満足して燃え尽き症候群にかかっている人。あとから入ってきたどばきんちゃんにも抜かれ、まさに同胞団のキングオブパシリ。それを根に持って、ンジャダと2人でどばきんちゃんに対して姑息ないじめを行う。

ブリル
shot2ss20140209224004267s.jpg
 客人の世話人。一見ただの召使のように見えるが、実はアサシンとして超一流で裏の世界ではその名を知らないものはいない。相談役のヴィグナー・グレイ・メーンの右腕として多くの暗殺を行ってきた。帝国からは指名手配されており、現在、同胞団内に潜伏中。

事務員 ティルマ
shot2ss20140209224154031s.jpg
 組長の正妻であり同胞団の裏帳簿等の管理をすべて行っている。表にこそ出ないが同胞団を実質運勢しているのは彼女であるといっても過言ではない。ホワイトラン司法当局が一番拘束したい重要人物である。

 ここらへんから先はほんとやってないので想像で書いていますが、大体あってますよね?? これも書いていて楽しかったです\(^o^)/

 すいません。実はこういう設定で第2部は始めたのですが、明らかに悪乗りしすぎでしたので戻しました。ただでさえ普通に読んでも解りにくい旅日記なのに、へんな設定で日記をやるとわけが分からなくなってしまうので・・・・
 プレイ日記第2部では普段通りバニラベースの設定でEnhanced Skyrim Factions  modを使ってすこし拡張してプレイしています。