スカイリムの魅力は・・・・以下略。SKYRIM SPECIAL EDITION(SSE)の発売により、旧SKYRIMから多くのMODがSSEに移植されていっています。これからスカイリムをプレイする人はSSEで遊ぶ人が多いのではないでしょうか?

ってことで、急遽、途中まで作ってほったらかしていた旅日記で利用させていただいたmodの紹介ですが、今更紹介しても価値がなくなってしまいました。それでも途中まで作っていた記事を、今回穴埋めとして無理やり未完成版として投稿させていただきます。リンクがちゃんと貼られていなかったり、文章がそのまま使いまわしだったりしますが、 未完成版ですので大目にみてやってください。

旅日記のデータを整理していたら、出てきた記事です。途中まで作っていたのですが、そのまま放置されていました。これが本当に最後の「modの紹介」企画です。どれも今更紹介するまでもないツールばかりですが、せっかく作っていたページですので大目にみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーー各種ツールーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お世話になった各種外部ツールです。BOSSや、Wrye Bash、TES5edit、Creation Kit等のMOから呼び出して利用するツールとは違い、どちらかというと旅日記を連載するために使ったツールとか、modを日本語化するために使ったツールとかです。

(1)Nifskope
メッシュデータやスケルトンデータを修正したりすることのできるツール。
ScreenClip.png

 不要なメッシュはremoveしてしまえば・・・・・
 ちゃんと使い方を見ずに、見よう見まねで利用したnifskopeでしたが、やっぱり使い方が難しかったです。よくわからない項目が多かったです。
(2)Skyrim Strings Localizer:modを日本語化するためのツール
問答無用で必須のツールですね。
ScreenClip.png
 文字コードをUTF8にすることを忘れないように注意。旅日記ではUTF8にするのを忘れたmodが紛れ込んでいて、文字化けを起こすアイテムがありました。

(3)TESVTranslator もう一つの日本語化ツール
ScreenClip.png
SSLのほうが使う機会が多いので、TESVTranslatorのほうはつい使い方をわすれちゃうんですよね・・・・

(4)Savetool セーブデータのクリーニングツール
どのくらい効果があるのかわかりませんが、たまに使っていました。
8a06bfa4.png
セーブデータには、色々とごみがたまっていくので、ゲーム中にどんどんmodを追加したり削除したりしていく人には必須かも?

(5)performance monitor GPUの温度や使用状況を見て、ニヤニヤするためのツール
9f405df9.png
 まあ負荷がわかったからっていって、どうするわけじゃないんですけどね・・・・

2、利用した外部ソフト
(1)Evernote 最強のコピペ編集ツール?メモ書きから各種資料まで、片っ端からコピペし、編集が可能。
ScreenClip.png
旅日記の記事はevernoteで下書きしています。詳しくはお気軽にゲーム日記を始めよう

(2)Picasa 画像編集ツール。トリミングから明るさの調整まで簡単なことはすべてPicasaに任せています。
21ded13f.jpg
365日プレイしていて、ドラゴンがホワイトランを直接襲ったのはmodの動作確認でホワイトランを走り回っていた一回だけです。実に貴重なシーン

(3)SSshot
一定クリックごとに自動でスクリーンショット(SS)を撮ってくれる便利なフリーソフトです。スカイリムにもSS機能はありますが、ついゲームにのめり込むとSSを取り忘れてしまいますので、このソフトは重宝しています。立ち上げておくと勝手にどんどん撮ってくれます。トリガーとなるクリック数や、マニュアルでの撮影とかにも対応しており、撮り忘れなく進めることができます。ただ意図してSSをとっているわけではないので、取られたSSはスナップショットのような感じのものばかりになってしまいます。
それ以外に重要な会話や、一日の終りに各種ステータスや、スキル、所持金等はSSをメモ代わりに撮っておいて後で書き出します。特に長話をするNPCは会話ごとにSSを撮っておきます。
bf3a36f2.png
Windows 10になってから、スクリーンショットが取れなくなりました(>_<)

(4)Powerpoint 言わずとしれたプレゼンソフト
ScreenClip.png
 

(5)Gimp フリーな画像処理ソフト
ScreenClip.png
切り抜いてアルファチャンネルにするときに利用させていただきました。

以上、無理やり未完成なものを続けて発表してきましたが、これでmodの紹介シリーズはおしまいです。お疲れ様でした。