現在、環境構築中のために、modやiniファイルを修正しては、走り回っています。

 今回、気になったのが、oblivion.iniのuGridsToLoadです。skyrimでもおなじみのuGridsToLoadで、大きくすればするほど、描画範囲が広がります。この値が低いと入っていると突然、木や草、建物ができてきて雰囲気が台無しです。
SS329.jpg
 uGridsToLoad=5ですと、Roads of Cyrodiil で追加された橋が途中までしか描画されておらず、残念なことになってしまいます(>_<)。かなり近づかないと描画されません。
SS333
uGridsToLoad=11ぐらいまであげると、やっと遠くの橋まで描画されることになりました。しかし11ですとFPSが15を切ってしまい、ゲームどころではありません(>_<)

Screenshot13909.jpg
 Roads of Cyrodiil modを外すか、草木を減らすが、画質を落とすか、色々と試しましたが、結局、uGridsToLoad=5にして、途切れた橋は心の目で見ることにしました(>_<)
 オブリビオンの草木は、スカイリムと比べるととても綺麗で風になびいていて・・・・やっぱり減らせないですよ。

Screenshot5629.jpg
 あれ?? ところが、uGridsToLoad=5にしたにもかかわず、遠くの橋が描画されているんですけど??? よくよく調べてみると、バニラな建物や風景は遠くに描かれるときは、Ugridじゃなくて別な方法で描かれるそうです。

 しかも、RAEVWDとtes4lodを使えば、導入したmodから風景データのDistantLODを作れるそうなので、さっそく作ってみました。
SS311.jpg
 するとugrid=5でも、橋が遠くまで描かれるようになりました\(^o^)/
 そのかわりRAEVWDも実は重たくて、FPSは結局20を切ってしまうことに。意味ないじゃん;;

Screenshot5011.jpg
 それでもBBCとULとROCで拡張された帝都も一望できるようになりました。FPSを稼ぐためにuGridsToLoad=5で、uGridDistantTreeRange=10、uGridDistantCount=10まで落とすことにしました。これでFPSは10~30ぐらいをキープできるようになりました。