ども中の人です。ご無沙汰しております。突然ですが、The Long Darkのプレイ日記のスタートです。
「おぶりびおん彷徨記」を休止して、2年以上ほったらかしています。その間に公私ともにさまざまことがありましたが、このブログを休止していたことが心残りでした。

ってことで、今度こそ再開するためのリファビリ?として、The Long Darkのプレイ日記です。久々のリアル一日ゲーム一日のプレイ日記ですが、「おぶりびおん彷徨記」再開のための練習にはちょうどいい感じだと思います。実はThe long darkのプレイ日記は前からやろうやろうと思っていましたが、なかなかできませんでした。というのも、このゲームは一日単位でゲームを終わらせるのが難しいのです。下手をすれば、一日、ぼーっと家の中でクラフトをしているだけで終わってしまいます(ゲーム時間にして5分ぐらい?)。そのためつい2日、3日と連続してやってしまい、気が付けば膨大なスクリーンショットだけが残っているようなことがあります。
 2019年6月下旬現在のバージョンは昔に比べ、かなりやることも増えていたので、今回気合を入れて連載日記を始めてみました。

いや決して最近マイブームのナスDやらエド・スタフォードさんに影響を受けたわけじゃないですよ?(-。-)y-゜゜゜

099.jpg
 The Long Darkのプレイ日記です。今回サバイバルモードでレベルは忍び寄る者です。The Long Darkはアーリーアクセスの2015年からまったりやっています。久しぶりにやってみたら、かなりシステムが変わって、死ににくくなってましたので、プレイ日記にはちょうどいいかもしれないと思います。侵入者レベルは私にはちょっと厳しすぎです。2年前の記憶ですが、3日超えれなかったです。一切のミスは許されず、地図を覚えてないと無理げーですよね?
102.jpg
 今回、主人公は当然女性です( `ー´)ノ。やっぱりおっさんの悲鳴とかは聞きたくないですしね。シルエットだとショートカットで勇ましい女性ですが、装備画面の彼女は・・・・

101.jpg
 場所は、ミステリーレークスタートです。今回はいろいろとルールを決めたので、満を持してミステリーレークです。ミステリーレークと、沿岸ハイウェイ、荒れ果てた岬、プレサント・バレーはそれぞれ50日以上滞在したことありますが、どれも2年ぐらい前の話です。森林オオカミの山とかは場所はほとんど行ったことがないので楽しみです。
 まあ設定としては小さいころにミステリーレイク周辺で遊んだことのある主人公が大人になって遭難しちゃったってことで、ある程度場所を覚えているのは許してください。

100.jpg
 いくつか実勢を取っていたので、今回2つ利用しました。

それではルールです。

ルール1、 死んだらおしまい。裏技ってこともないですが、隠してあるセーブデータをコピーしておく方法がありますが、今回はそれは無しです。死んだらこのプレイ日記は終了です。
ルール2、 長期居住は原則禁止。このゲームは、最初の20日ぐらいが一番たのしくて、後半は生活リズムができてしまい、途中からはルーチンワークになっちゃうことが多いです。そのため拠点に長期滞在は禁止です。
ルール3、 スキル上げは禁止。スキルは火起こし練習とかすればすぐに上がっちゃいます。スキルが上がると一気にゲームが簡単になってしまうので、スキル上げは禁止です。
ルール4、 アイテムの取り置きは原則禁止。あくまでも必要最小限を持って歩きましょう
ルール5、 最終目標は森林オオカミの山で一か月暮らってのを目標にします。
ルール6、 この遭難日記はおぶりびおん彷徨記の再連載のためのリファビリ的ゲームログです。スクリーンショットは一日5枚程度で、淡々とあった出来事を記録していくだけのゲームログです。ロールプレイや創作部分はほぼ0で、ゲームをやっている本人以外全然面白くないものです。ご注意ください。

 ひとます大まかなルールはこの5個ぐらい。ルール2とルール4によって、必要な装備を全部持って歩きながら、彷徨うスタイルで遊びたいと思います。

基本、本人が思い出してニヤニヤするための痛いブログです。ネタバレ等も多く含んでいると思われますので、読まれる時は注意してください。

さて何日続くかな?

(7月5日更新)
ゲームとの間隔を合わせるために、しばらく一日2回更新(6時と18時)にします。ブログがゲームに追いついてきたら一日1回更新(18時)に戻します。

あと、15日目あたりから地図を入れる予定でしたが、やっぱりやめます。
42050_0
 詳細な地図を載せるのはまずいので、できるだけ適当に描いた上のような地図をどんどん作っていく予定でしたが、やっぱりこれでもかなりの情報になっちゃいますので、辞めます。
 旅日記や彷徨記では毎日の地図を載せてできるだけどこに行ったのかを分かりやすくしていました。この遭難日記でもわかりやすさを出そうと思っていたのですが、それよりネタバレのほうが大きいと思います。
 このゲームの一番面白いところは、嵐の中、道に迷ってしまい、それでも前に進むか、後ろに下がるかの決断をする瞬間だと思います。そんな中、あと100m先に小屋があるってわかってしまうと、せっかくの楽しみが減ってしまいますしね。

 作るのがめんどくさいってわけじゃないんですよ。本当に( `ー´)ノ